ブログ/On the day /
  • リモートワーク推進

    完全リモートワークの実施で話題になったDOWANGOの夏野さんの講演をお聞きしました。

    私はちょうど1年前、DOWANGOの人事責任者にお会いしましたが、まさにリモート移行の準備をされていました。

    講演タイトル「“全社員在宅勤務”に成功したDX先進企業が見据える
    アフターコロナの働き方」

    以下、ご講演の大まかな内容。

    20年2月に突然の出社禁止を出した後、準備期間を経て20年7月から恒久的なリモートワークへ移行した。

    自宅の技術的環境を整え、電気代の手当はもちろん、毎日管理職から不満を吸い上げることでそれらに対応した。

    会社フロアーに固定席が不要な人はアンケートで8割。フロアー改革をして不要者には月2万円の手当を支給。中管理職は以前はできないと言っていたが、つながり感の維持の工夫をすることで慣れてきた。

    要らなくなった通勤時間を、家族や自分の時間に使える。副業、兼務の推奨。自分の力を自分で気づく機会になるはずだ。社内では1人2役を進め、1つの仕事ではなく自分の知見を活かすことを始めた。

    マネジメントは、テクノロジーを全面導入し、システム(人事の内規、権限)のなどを刷新した。時間管理ではなくアウトプット管理へ。

    日本は、3次産業・サービス業のデジタル革命が進まず、生産性は欧米諸国に比してずっと低い。歴史的には2次から3次、3次から次へと進むべきところだが、産業再編が進んでいない。

    経営者は、日本の3種の神器である高い個人資産、高い労働意欲、テクノロジーを活かし、過去とは異なるイノベーションを起こすか、後ローバルへ展開するか、両方かいずれかをやれねばならない。

    役員会のメンバーを見ても同質の人(年齢性別・・)では駄目だ。経営はハイリスクハイリターン、過去の成功をもとにした調整型ではなく、甘えを断った決断型であるべき。すでに多様性のもとで全員の合意形成は不可能だ。

    以上。

  • 「自撮り衛星」出現

    リーマンサットプロジェクト 民間有志による趣味の宇宙開発団体。

    https://www.rymansat.com/ 

    本日の日本経済新聞(夕刊)より「自撮り」×「宇宙ビジネス」の話題

    この記事によれば、地球をバックに自撮り棒を伸ばし、自撮りをするために宇宙へ行く衛星とのこと。究極の自撮りです

    その動きを想像すると、何か楽しくなってきます。「はやぶさ君」以来衛星を擬人化してしまうのは、日本人ならではでしょうか。

    イノベーションは新しい組み合わせです。宇宙開発を民間でできないか?からスタートして、趣味といいながらここまで来ましたとは、すばらしいですね。要は、何でもできるということです。

    さて、 自撮り ✕「 ? 」で、何か面白いアイディアありませんか? 

    私なら、自撮り✕マネジメントでしょうか。

Copyright (C) BR human Co.,Ltd. All rights reserved.